福島県内の多種多様な民俗芸能は「地球のたから」人と人、心と心をつなぐ地域の絆です。

実施事業

  • HOME »
  • 実施事業

平成27年度   事業

福島の民俗芸能復興と存続継承していくための基盤づくり事業
<復興庁:心の復興事業>

福島県内では約800種の民俗芸能が伝承されていますが、東日本大震災・原発事故による影響を受け、とくに浜通りの13市町村で受け継がれてきた大切な民俗芸能団体の多くが継承の危機にあります。
こうした状況をふまえ、南相馬市鹿島区江垂の「江垂日吉神社の浜下り」の再興に向けた支援をし、被災者が主体的に参加する機会を創出しました。
また、今HPを立ち上げ、福島の民俗芸能の情報発信と団体間ネットワークづくりやサポート、地域交流に引き続き努めて参ります。

平成27年度「地域のたから」民俗芸能復興サポート事業 <福島県>

■主な活動


説明会地区説明会・民俗芸能講座
地域の民俗芸能団体を対象に、民俗芸能がおかれている状況や助成支援制度の情報提供、再興事例等の情報共有や意見交換を行いました。


個別訪問個別訪問
被災地の民俗芸能団体や地区説明会でのヒアリングをもとに専門家を派遣。芸能再興に向けた要望の聞き取りや現状調査を行い、団体の実状に応じた助言・支援を行いました。


公演民俗芸能公演の支援
復興公営住宅等で入居者のふるさとの民俗芸能を披露するなど、公演の機会の提供と交流促進をはかりました。


個別訪問「ふるさとの祭り」代表者交流会
10月31日・11月1日の2日間南相馬市で開催された「ふるさとの祭り」において、出演団体の代表者を対象とした交流会を開催し、現状報告・意見交換を行いました。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人民俗芸能を継承するふくしまの会 All Rights Reserved.